ブログ内検索
 
スポンサードリンク

2014年09月05日

誰でもできる止め打ち手順(旧ブログより)


捻りを加えた上級者手順は難しいですが
開放に合わせる中級者手順は難しくなく
初心者でもすぐにできるようになります

<通常時>
保留3止め・ステージ止め・保留変化止め
<ボーナス時>
オーバー入賞による出玉増加
またはボーナス間止めでムダ玉減少
<確変時短中>
電チュー開放に合わせて出玉増加
これらを積み重ねて収支を向上させましょう

@〜Gまでマスターすれば
止め打ち中級者と言えると思います

@保留3止め
過入賞防止 連続演出に行ったら単発打ち
Aステージ止め
ステージに乗ってからでは遅い
コツはワープを抜けた瞬間に止めること
B熱い演出止め 先読みの保留変化止め
Cボーナス間止め
D捻り打ち 別名ワンツー打ち(屋根に引っ掛けやすい機種)
GA.bmp
7Cだったら1個手前の6個入れて捻り打ち
カウント数2個前で引っ掛かり具合確認&
ハンドルの角度を覚えると成功しやすい 
Eお助けタイム
タイミングを計って右打ちで消化
F振り打ち 
電チューの左上に注目 釘がブロックする形で
なければ止め打ちのインターバルに左へ流す
G2Rパカパカ狙い 
賞球数分の1でチャラ


インターバル打ち 難易度☆
例 リングFPW
1セット×3回の1パターンなので

2回目が開いたら停止
3回目が閉じたら打ち出し開始を繰り返す
     

解放毎に合わせる  難易度☆☆
(単発打ち・2発打ち)
1開放目 開いたら2発
2開放目 開いたら2発
3開放目 閉じたら2発

↑+捻りで  難易度☆☆☆

ストローク
打っている時に命釘を見て
左側に落ちる玉が多い場合は弱過ぎなので強く調節
右側に落ちる玉が多い場合は強過ぎなので弱く調節
これが基本になります


スポンサードリンク



posted by エル at 23:00 | Comment(4) | TrackBack(0) | パチンコ必勝ルート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
店名や人物特定に関するコメントは表示できません                           質問はコメント返しでブログに書く可能性があります
おつかれさまです。

とにかく無駄玉を無くすというのは大事ですよね。
ステージ止めは止めるのが遅いとせっかく真ん中にきても他の玉にビリヤードのように弾かれてしまうのでまあその分止めてヘソに入った時はニヤッとします笑

ストロークに関してなんですけど、もちろん機種によってだとは思うのですが自分の感触では弱めに打ったほうが安定するような気がするのですが、やはり右側に寄る玉が多い場合はストロークを弱くするといった調整がどの機種でもいいでしょうか?
Posted by もかっちゃ at 2014年09月06日 00:06
オーバー入賞やステージ止めが決まった時に
嬉しいと感じる人は、今後さらに勝てるように
なる人の特徴の一種ですw
末期には当たりよりこういった部分に喜びを感じ
出玉が増えているのを見て安心するように
なってしまいます

後半3行の答えに関しては長くなるので
記事にて答えたいと思います


 
Posted by 筆者 at 2014年09月06日 05:49
タイミング悪くて電話出れなくて申し訳ない。
Sさん今週の土曜日帰ってくるみたいです!
Posted by A at 2014年09月09日 19:55
タイミング悪いのは携帯持ってない俺のせいだから
こちらこそすまない
俺からSに連絡したから状況は把握してるから大丈夫
金曜日夜に神奈川に行く予定
Posted by 筆者 at 2014年09月09日 23:27
ニックネーム: [必須入力]

ホームページアドレス: [任意]

コメント: [必須入力]

※承認コメントのみ表示
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/404937250
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック