ブログ内検索
 
スポンサードリンク

2014年09月11日

ベストストロークを予測するには(道釘・袴釘編) 


何も考えずにブッコミにハンドル固定
これだと成長しませんし、他のストロークの
方が回るなら損していることになります
弱め打ち・強め打ち 左右対称ゲージならば
右打ちの方が回るケースあり
自分が打った時だけ回るので連日稼働しなければ
釘を弄られにくいといった利点もあります

基本は打っている時にヘソを見て
左側に落ちる玉が多い場合は弱過ぎなので強く調節
右側に落ちる玉が多い場合は強過ぎなので弱く調節
これを踏まえて


m1.jpg
道釘は紫で囲ってある部分

弱め打ちにすると 寄り+ 玉の勢い−
強め打ち     寄り− 玉の勢い+

道釘が長い&角度が緩やかな場合
玉の勢いが必要になってくるので
強め打ちが有効な事が多い

当然反対の道釘が短い&角度が急なら
弱め打ちが有効になりやすい



よくある道釘のマイナス調整は
yy1.jpg
黒○で囲ってある4箇所
私がブログで道釘の上げ下げと表現をよくしますが
左側は下げ&右側を上げ 
間にこぼれて回転率ダウン 間が広いとさらに−

こういった台には座りませんが他の釘が抜群によく
道釘が問題な場合は対応策として
強めに打つとマシになる場合も

ppp1.jpg

黄色のこぼしが広い・青色の袴左下⇒左上向き
袴右下が左下向きに調整されている
こういった場合は盤面内側に玉が通りやすくなる
弱め打ちで回ることがある

パチプロブログを見て勝てる機種をさがすのと
同じように機種○○は強め打ちが第一候補など
と書いてある雑誌(パチマガおっとこまえ西さん)
を読んだり、パチプロブログを見るとこういった部分が
書かれていることがよくあるので有効です


スポンサードリンク

posted by エル at 23:36 | Comment(2) | TrackBack(0) | パチンコ必勝ルート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
店名や人物特定に関するコメントは表示できません                           質問はコメント返しでブログに書く可能性があります
うーんストロークは、奥が深いですね。
自分は羽根物をよく打つのでストロークを考えながら打ってて、さっきまでは強めがよかったのに今度は弱めがよかったり結局どこが1番よかったのかわからないまま勝ち逃げしてしまう事もあります笑

打ってて思うのがストロークは一見変わってないように見えるんですが機械自体の打ち出しで玉のスピードが微妙に強くなったり弱くなったりはあるように思えるんですけどその辺はどうですかね?

トキオデラックスは玉の勢いがあるのとないのでは全然違うと思うので・・
Posted by もかっちゃ at 2014年09月13日 21:41
>>機械自体の打ち出しで玉のスピードが微妙に強くなったり弱くなったりはあるように思える

打ち出しが安定しない台はありますね
店員に言えば掃除してもらって改善することがありますが
古い機種はそれでも駄目なことも

打ち出しが悪いので掃除してくださいが
マーク候補になるので素人の友人がいれば
代わりに言ってもらいます
Posted by 筆者 at 2014年09月19日 05:44
ニックネーム: [必須入力]

ホームページアドレス: [任意]

コメント: [必須入力]

※承認コメントのみ表示

この記事へのトラックバック