ブログ内検索
 
スポンサードリンク

2014年11月16日

ジャグラーの昔話


パチスロ遍歴@〜D 時給2000以上を打ち倒す
スロットの記憶 隠者のパチンコ思考
以上の続きになります

パチスロを始めて間もない頃
店を徘徊していたら独特の空気の島があった
機種はSP ハイパー ガール
稼働、年齢層が高くとにかく出玉が多い

今では大好きな機種ですが当時の感想は
・子供向けのゲーセンにありそう
・光るだけで何が楽しい???
・液晶ついていない
つまらなそうな機種だなと感じ、しばらくは打たなかった
(当時は初代北斗・主役は銭形しか興味がなかった)

機械割・コイン持ちなどを理解できてきた
スロ歴数ヶ月の頃、ジャグラーに関心を示す
厚木T店のジャグラーイベント日は
設定変更=設定4・5・6
減算値で変更判別可能
厚木M店は毎日20時頃に設定5・6発表
近所の環境はいい方だったと思う
機械割は目押し力によって大きく変わり 


<条件> 等価店 フル攻略 9500G計算
設定1=100%     0円
設定4=111% 62700円
設定5=113% 74100円
設定6=114% 79800円

年配客とプロが打っているイメージ
目押しができれば甘い
リプレイ外し効果 1ビック+10枚(200円)
減算値による設定変更判別
朝一は変判があるので、光っても揃えてはいけない
通常時のチェリー狙い&ベルピエロテンパイ時に狙う

設定 BB RB 割数 割数(技術介入)
1 1/298 1/655 95.0% 100%
2 1/273 1/630 98.5% 104%
3 1/260 1/607 100.7% 107%
4 1/245 1/546 103.8% 111%
5 1/241 1/468 105.4% 113%
6 1/241 1/364 107.2% 114%

当時はジャグラーしか打たないプロもけっこういた
にほんブログ村 パチンコブログ パチプロへ



posted by エル at 00:15 | Comment(4) | TrackBack(0) | スロットの記憶 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
店名や人物特定に関するコメントは表示できません                           質問はコメント返しでブログに書く可能性があります
おつかれさまです。
自分は前の記事でパチスロ遍歴D〜パチンコ覚えたて〜の記事がすごく印象に残っていて今の自分に重ねてました。

命釘やステージの癖を重視して寄り釘などを甘くみてたというのが今のまさに自分だと思います。
理論などはわかっていてもやはり行動はむづかしいものですよね

ジャグラーは今でも打ちますか?
昔のジャグラーガールのガコッはほんと心臓に悪いです笑
Posted by もかっちゃ at 2014年11月17日 00:16
等価の店がただ単純に全体の釘を少しずつ
狭めるのではなくて 
命釘⇒広げる 寄り関係釘⇒狭める
多くの人が寄りの影響力を小さく見過ぎていて
これで稼働が上がると店からは思われているって
ことでしょうね

ジャグラーは某店がパチンコアイドルを
呼ぶ日は設定が入っているので
月2日間だけ打ちます
Posted by 筆者 at 2014年11月18日 22:50
昔のジャグラーはよくでたね今のジャグラーはブー
Posted by タカギブー at 2014年11月19日 12:48
目押しが完璧な人は月単位では
負ける気がしなかったでしょうね
Posted by 筆者 at 2014年11月20日 00:36
ニックネーム: [必須入力]

ホームページアドレス: [任意]

コメント: [必須入力]

※承認コメントのみ表示

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。