ブログ内検索
 
スポンサードリンク

2015年01月31日

期待値プラス台の見つけ方 その4 〜店チェックの方法2〜


にほんブログ村 パチンコブログへ


前回は過去の実績からローテ台を見つける過程を
甘デジ期待値プラス台の見つけ方 その3 
書きましたが、今回はまだ自分のテリトリーの
優良店を把握していない場合のさがし方
この場合は全部見るしかありません
時間がかかりすぎるので今回は
少しでも効率的に見るためのコツを書きます

まとめて読む場合は
甘デジ期待値プラス台の見つけ方 その1〜4

@ネットでスペック&基礎ゲージ(釘の形)把握
オススメは777@nifty
特にスペックの返しの個数&
スルー・電チューの配置に注目
AP−WORLDなどで近隣設置店を検索
(1パチのみ導入店に注意)
ここまでは前回と同じ

Bgoogle マップなどを使ってルート作成
C実際に見て回る
試し打ちせず釘の形をメモ 次々と見ていく 
D先客がいて見れなかった店へ再度行く
E釘のよかった台のランキング作成
悪かった店などもメモして次回以降に役立てる
F上位を試し打ち・計測・期待値計算
Gローテ台確保・釘の形・台の製造番号
日付・店名・選択ストロークなどをメモ


重要なのはCで試し打ちやスロエナをしない事
まずは試し打ちせずに全台見て回る
Eで良かった店 普通の店 極悪店 などを記録し
次回以降に役に立てること

甘デジコーナーを5分見回ってみてください
スルー&電チュー周り これが甘デジの要所
ここが悪ければ期待値はありません
極悪釘だった店は次回以降チェックする店
リストランキングを下げてください

台が空いてなかった場合Dで何度も同じ店を
見なくてはなりません
他がまだ分からないのにここで時間を使っていると
足りなくなり、1日で全店回れなくなります
ライバルよりも早くローテ台到達で
止め打ちする打ち手の1日稼働が減り
釘の保全に繋がる

混んでいる店は祝日は避けて
平日の閉店間際に行くなど工夫すると
空き台率アップで2度行く確率が下がります

次回は番外編でハネモノの期待値プラス台の
見つけ方を書きます

過去記事リツイートしてくれた方
ありがとうございました







posted by エル at 09:03 | Comment(3) | TrackBack(0) | 期待値プラス台の見つけ方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
店名や人物特定に関するコメントは表示できません                           質問はコメント返しでブログに書く可能性があります
過去の記事を引っ張ってきてコメントをしてすみません。
もしまだご覧になられてたらご回答頂ければ幸いです。

スロット期待値稼動はしていたのですがパチンコの知識経験が一般人に毛が生えた程度でもちろん店や台の目星もありません。
そこで甘をメインにローラーで探していこうと思うのですが、返しが少なくとも2以上、できれば3の台の全てをこの方法で見て回るのでしょうか?

調整は基本島単位との情報もありますが、甘のようにバラエティ豊かな場合も同じなのでしょうか?

極悪店、普通店、優良店を見定めるには同じ甘でも海のように台数が多い主要台から見ていく、もしくは甘い(or素人目でも極悪)台を1台でも見つけたらそれを基準に判断するのでしょうか?

何分慣れていないので1台見るだけでもかなりかなりそうですが、返しが多い機種全てを時間をかけてチェックしてたら確実にあやしいですよね・・・。

1台へのチェック方法はとても参考になりました!実践したいと思います。
ですのでよろしければ店のよしあしを判断するのに何台ぐらい、どういったものから見ていくべきかをご教授頂ければ嬉しいです。
宜しくお願い致します。
Posted by 96 at 2016年03月30日 16:26
すみません。「全台見て回る」とありましたね(><;)

質問を変更させて下さい。
先ほど軽く触れたように海のように何台もある場合は客付がない全ての台を見るべきでしょうか?

また、チェック方法ですが慣れてないもので座って見てもあまり違いがわからないことが多いのですが、目立ちすぎるので座らないでチェックしたほうがよいでしょうか?もしくは、座らないでもわかるレベルの良し悪しではないと判断材料から除外すべきでしょうか?

度々恐れ入ります。宜しくお願い致します。
Posted by 96 at 2016年03月30日 16:32
記事にて答えます
Posted by エル at 2016年03月31日 01:52
ニックネーム: [必須入力]

ホームページアドレス: [任意]

コメント: [必須入力]

※承認コメントのみ表示

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。