ブログ内検索
 
スポンサードリンク

2015年11月29日

あぶれないためには  〜エルレボのパチ・スロ歴史 パチンコ編1〜

パチンコ生活者にとって
最も恐ろしい事は連日打つ台がないこと
他に収入源を確保できていれば問題ありませんが
そうでなければ リアルに現在自分が危険な位置に
いると認識させられてしまう


全ての記事にタグをつけました!!
類似記事検索に使ってください
ブログ存続を願ってくれる方 ↓↓ クリックお願いします



どうやって稼動スケジュールを埋めていくか
ジャンルにはライトミドルやミドルなどもありますが
説明しやすいように今回は
マックス 甘デジ 羽根物 スロットとします

エルレボのパチ・スロ歴史

スロプロ→パチプロに転向して1年後くらい
だんだん自分のスタイルが確立されていった
当時のエルレボの最大の弱点は
釘の良し悪しの判断がほとんどつかないこと


この弱点を補うためには マックスよりも
甘デジメインにすべきだという結論に達した
回転力の釘は難しいけど 出玉の釘は難しくないからだ

今思えば羽根物が一番良かったけど
当時のエルレボは羽根物=勝てないものと勘違い
何にせよ 技術介入度が高い機種(他者と差がつく)
に目をつけたのは大きかった
この2年後くらいにAKBの銭形平時登場
この時代の勝ち方の主流はハンドル操作による
スペックの底上げになっていく

だんだん高時給の台も掴めるようになっていったが
それでも稼動スケジュールが埋まりきらない
スロットのハイエナを取り入れるのも手だけど
当時はスロットハイエナが弱かった時代
仕方なく時給2000円以下の台も打つことで
形にしていく


現在稼動スケジュールがなぜ埋まるかの最大の理由は
マックス 甘デジ 羽根物 スロットなど
オールジャンル打つようになっていったこと
(まだまだマックス稼動は少ないですがマシになりました)
これにせどりも加えられれば しばらくは安泰になる

特に羽根物稼動ができるようになったことが大きく
技術介入で日当1万以上差がつく機種ならば
一般の方が打って日当1万円程度の台を確保すれば
いいだけで さらに釘が残りやすい
しかも現在はサイトセブンなどの情報サイトが充実し
スロエナ 羽根物の期待値の高い台は見に行かなくても
把握しやすくなっている

様々なジャンル さらにはパチ・スロ以外のジャンルで
稼げるようになっていくことがパチプロの生き残る道
だとエルレボは考えてます

エルレボのパチ・スロ遍歴(11)

フォロワーさん募集中
記事アップと同時に連動して告知します
アンケート受付時間は 30日23時33分まで


関連カテゴリ

もしパチプロがパチンコの勝ち方を素人に教えたら
スロ・パチ比較
スポンサードリンク


posted by エル at 23:41 | Comment(0) | エルレボのパチ・スロ遍歴 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
店名や人物特定に関するコメントは表示できません                           質問はコメント返しでブログに書く可能性があります
ニックネーム: [必須入力]

ホームページアドレス: [任意]

コメント: [必須入力]

※承認コメントのみ表示